地質調査の流れや方法

一口に地質調査と言っても、建造物の大きさや階層によって行なう方法が変わってきます。また、行なう方法によって、費用や期間も変わってくるのです。

地質調査に関する情報

重機

3つのポイント

自分で地質調査会社に依頼するときに、どのような方法で依頼すれば良いのか、会社を選ぶ際に失敗しないテクニック等を紹介します。実際に調査した方達の声も聞いてみましょう。

READ MORE
ウーマン

公共施設等の調査

地質調査は住居以外でも行われており、工場、病院、遊園地、発電所等、生活には欠かせない建造物にも密接に関わっています。また、建築物以外にも、資源や土壌汚染を調べる際にも調査されています。

READ MORE
ヘルメット

トンネル調査とQ&A

トンネル工事をする際の地質調査の手順や建造物と方法の違いや、地質調査を行なう際に抱える不安や疑問についての解決方法を教えます。これで地質調査をやる際に失敗はなくなります。

READ MORE

地質調査の流れ

地質調査会社に連絡

まずは地質調査会社に連絡を入れ、どの様な目的での調査依頼なのかを伝えます。事前情報や日程を調整して、実際に調査が入る前の付近の状況や地形図、地盤図、地質図、土地条件などの情報を収集します。

現地での周囲の確認

調査を行なう敷地に赴き、周囲の状況調査を開始します。実際調査を行なう現場を確認し、地盤や周囲の確認、建築の場合は建築物のスペックを伝えます。全て確認が完了したら見積もりと日程の確認をして、問題なければ契約をします。

地質調査開始

地質調査を開始します。調査の日数は、建築物や目的によって変わってきますが、7~10日で地質調査が完了します。水質試験や土質試験が入ると、全ての調査が完了するのは大体25日~30日程かかると言われています。

地質の解析

地質調査をすると、地下内部に問題がある場合があり、その調査をすることがあります。水分を含み過ぎていたり、土壌汚染が発生しているときです。問題が発生している場合、工事には特殊な技術を使ったり、近隣住民に被害が出る可能性があったりしたら、都道府県の知事や政府に報告することになります。

地質調査の完了、報告書納品

全ての工程が完了したら、地質調査を行った際の土壌の状態や施工すべきことを報告します。そのまま工事を行なう場合の相談をすることも出来ます。

地質調査のやり方

土

スウェーデン式サウンディング調査

スウェーデン式サウンディング調査(SWS)は木造住宅を建築する際によく使われる方法で、機器を地中に貫通させて、何メートル入ったか地盤の強さを確認することが出来ます。費用は一箇所2万円程で、数カ所だと五万円から測定することが出来ます。

ボーリング調査

ボーリング調査(標準貫入試験)はマンションやビルの建築をする際にこの方法が採用されます。ボーリング孔と呼ばれる機器を使い、地下にある土や砂を採取して、地盤の確認をします。この調査は、地面の液状化や何が含まれている土壌なのかを調べることが目的です。費用は十五万円~三十万円となっています。

平板載荷試験

平板載荷試験は、掘削を行い、建造物の基礎を設置する場所に小さな鋼板を置いて、建造物の重量に耐えられるか確認する調査方法です。短時間で直接測定が出来るのがメリットですが、スペースを大きく取ってしまいます。

広告募集中